日本材料学会 分子動力学部門委員会
JSMS Committee on Molecular Dynamics Simulation

■委員会の目的

材料工学の広い分野における物質系の特性を原子/分子レベルの構造とその挙動を考慮したミクロな視点から明らかにするため,計算機シミュレーションを中心とした研究分野の発展を目的としています.物質系の特性を評価するための計算機シミュレーション方法に関する基礎的諸問題の検討を行ない,そこから新しい可能性を引き出すとともに材料工学の新分野における研究手段として発展させるため,従来の研究分野にとどまらず,様々な分野に対する横断的な情報交換の場となることを目指しています.

■主な活動

■部門委員会(年3-5回)分子動力学シミュレーションやマルチスケールシミュレーション,さらには関連する実験など幅広い分野で活躍されている講師をお招きして,最新の研究動向について話し合います.
■分子動力学シンポジウム [開催履歴計算機による材料モデリングに関係する研究者が一堂に会して,研究成果を発表し議論を行います.
■講習会原子シミュレーションに関心のある方に実際に原子シミュレーションを体験してもらうことを目的とした講習会を行っています.
(詳細ページ http://md.jsms.jp/MD_WS/)

■トピックス

「第64期第2回部門委員会」のお知らせを掲載しました.ぜひご参加ください。
  (お知らせのページ
■会誌「材料」(Vol.65, No.2, 2016)に分子動力学小特集が掲載予定です.

■フォトギャラリー


結晶粒界と転位の相互作用
(分子動力学とQCの結合シミュレーション)
Dr.Shimokawa, Kanazawa Univ.

Copyright(C) : 2004-2013 Committee on molecular dynamics simulation, jsms, All rights reserved